2018年はどういう1年になるでしょう?

2018年が始まりました。

皆様は1年の計をいろいろ考えておられたと思います。

さて、飲食業界にとっては、どういう1年になるでしょうか。

 

ある業種業態にとっては、とても大変なことが起きる可能性があるとおもってます。

それは、牛肉専門の業態です。

今、好調と言われている、「いきなり!ステーキ」などは、地方へ進出を始めました。

これは必ず、ブレーキがかかり、利益が出なくなるでしょう。

理由は、、、牛肉が環境に負荷をかける食べ物だからです。

1㎏の牛肉を作るのに10㎏~30㎏の穀物が必要だといわれています。

一方、中国など、中進国は経済成長を続け、食物消費を肉などの高付加食材に変えてきています。

爆買いで、牛肉の需要は増すでしょう。

ということは人件費高に原材料費高が重なり、牛肉専門業態には必ず成長にブレーキがかかります。

また、数年おきに起こる、狂牛病やO-157 問題が、昨今頭から消えているのですが、消えている時こそ、起こりやすく大打撃になります。

夏の始まりの時期は大変危険です。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

そうしたことが起きると想定しておき、

肉だけに特化した業態に絞るのはやめ、素材のリスク分散をしてください。

 

ラーメンの幸楽苑が業績不振で、いきなりステーキのFCをやってるのですが、

こりゃもう、そこに大変なリスクをはらんでいます。

本来の店舗が、お客さまに価値を届けられなかったのが問題なので、価格で安い、、、で押せないのです、これからは。

20171108kourakuen

からあげ論争

「アークランドサービス/唐揚げ専門店の模倣で、すかいらーくを提訴」

専門店化がどんどん進んでいる飲食業界。

訴訟まで起きています。

20171115arcland1

訴訟を起こしたアークランドサービスは、

とんかつ専門店「かつや」というブランドも所有しています。

いわば専門店化が得意な会社。

https://ryutsuu.biz/topix/j111541.html

すかいらーくもその点の優位性に気づき、模倣店をオープンさせたのでしょう。

正直言いまして、飲食業界は模倣はしょうがない部分があります。

レシピなどは法に守られていないからです。

デザインやビジネスモデルがかろうじて守られている状況。

どこに守るべきものを儲けるかという難題も抱えることになります。

 

模倣されてもなお強いそういう組み合わせが必要でしょう。

 

しかし、、、、すかいらーくさんも背に腹は代えられないという状況なのでしょうね。

文春さんの潜入取材

中国の食材のイメージは確かによくない。

実際、清潔感覚が全然違うからしょうがないのだが。

ただ、ほかの国に売るからどうでもいいという感覚は、信じがたいが一部あるようだ。

7c6eb_1386_67c46ab34a9f703c2d58e14e89183eeb

漬物工場に運び込まれる高菜。

とても安心な食べ物には見えない。

http://news.livedoor.com/article/detail/13758380/

詳しくはリンク先を。

日本もかつてはそうだったのだろうが。

※中国の食材すべてそうとは言えない。あくまでも文春の取材の話。

ページ:1234567...40»