ミレニアル世代の消費傾向と対策

ミレニアル世代とは、アメリカにおいて2000年以降に社会人になった世代のことを指します。

インターネット環境が整った社会に生まれたので、今までの世代とは違う消費特性を持っていると言われています。

ミレニアル世代の特徴

  1. 情報収集・発信が得意

    情報に対して敏感である。
    様々なSNSで発信することにたけている。

  2. 共同体への帰属意識が強い

    共通意識の強い人たちとの共同体意識を持とうとします。

  3. 消費のカギは共感

    共感できるかどうか、また、共同体の共感に影響される。

という傾向があると言われています。

下のグラフは、

「SNSと買い物意識 ~SNSで話題になったモノをよく買うかについて」

共感

日本もアメリカほどにないにしろ、かなりSNSの影響を受けているようです。

新しい・面白い情報の入手経路 <日本>

情報収集法

日本においては、マスコミの影響がまだ残ってもいます。

よって、テレビ放映に反応しているのは、むしろ若者であると言えます。

今後は、SNS発信を意識しての広告や商品展開を意識すべきでしょう。

また、米国では外食率が上がっているとの報告もあります。

ミレニアル世代のレストラン利用

日本においても、傾向は変わってくるはず。

軽減税率も相まって、デリバリー需要は確実に増えるだろうというのは予測されます。

準備を怠らないようにしてください。

必要な準備は以下の通りです。

ミレニアル世代の対応準備

  1. テイクアウト対応商品を用意

    商品をテイクアウトを意識したものを

  2. 包材やロゴなど

    発信に足るデザイン性やブランド力を

  3. 多人数対応

    まとめ注文で安くするなど、多数で利用しやすいように