お客さまはカフェに何を求めているのか

大雑把ですが、カフェにお客さまは何を求めてくるのでしょう。
結論から申し上げます。
「ゆっくり時間を楽しみに来ています。」
キーワードは、「居心地+ゆったり+そこそここだわりの食べ物、全体のスタイリング」

ですから、同じ飲食業態でも、当てはめちゃいけないことがあります。
やっちゃいけないこと:「生活感、居心地のわるさ、せかす、こだわりのなさ」
です!

都会であれば、ナチュラルを表現するのが一般的。
その理由は、都会にはナチュラルが不足しているから。

店舗イメージとしては、、、
郊外型カフェのイメージ
開放的で、アースカラーやウッド(自然素材)をふんだんに使ったような感じもその一つ。

その反対として、スタイリッシュ感を出すことも一策です。
しかし、全てが方向性は変わってきます。

FOODもコンセプトとしては、癒しを感じさせるスタイリング。
例えば、、、、
郊外型カフェデザート

こんな感じも一つでしょう。

イメージを統一し、抜かりなく細かいことを設計しなくてはなりません。

生活感を見せるのは本当にご法度。

例えば、経営者の子供さんが走り回る状況は、まさに興ざめなことを、経営される方はわかっていなければなりません。

いてもいいですが、あくまでも一お客さまとして邪魔しないようなスタンスですよ。

「抜かりなくお客さまを癒しに浸らせること」が貫かれてないといけないのです。

酔いがさめれば、より酔わせてくれるカフェに行くでしょう。

食べ物がうまい、、、それも重要ですが二の次です。